銀行融資で有利|不動産投資をする際に|シーエフネッツに相談

不動産投資をする際に|シーエフネッツに相談

銀行融資で有利

つみき

返済を確実に

不動産投資として、賃貸物件を新規に購入したり、保有している土地に賃貸マンションを建築したりする場合に、購入資金や建築資金を銀行からの融資に頼るケースでは家賃保証が有効です。家賃保証の契約をすることで安定した賃料収入が確保できますので、銀行融資の審査において有利になります。家賃保証はサブリースの形態になる場合が多く、保証してくれる会社に建物を一棟貸しをすることになります。その会社が入居者に転貸する仕組みになります。入居率が低下しても家賃保証をしている会社から一定の賃料が入りますので、借入金の返済に不安はありません。ただし、借入金の金利の変動や賃料水準の変動によって長期的な返済計画は慎重に立案する必要があります。

大手の会社と契約

家賃保証の契約をする会社は大手であることが重要です。不動産投資は長期的なものですので、家賃保証をしている会社が倒産したり資金繰りが悪化したりしたのでは家賃保証の意味がありません。信頼できる会社と契約することによって、安定した賃料を確保できるのです。銀行融資の審査においても家賃保証の契約をする会社の信用力は重視されます。上場企業などの信用力の高い企業との契約は銀行融資の審査において有利になります。借入金で不動産投資をすることには大きなリスクを伴いますので、借入金を確実に返済できることを優先した計画を立案しなければなりません。家賃保証の契約をすることで自ら賃貸するよりも賃料は減る可能性がありますが安全性が高まります。