家の利用用途を変えて運用|不動産投資をする際に|シーエフネッツに相談

不動産投資をする際に|シーエフネッツに相談

家の利用用途を変えて運用

男の人と女の人

取り決めはしっかりと

家を買う事は人生の中でも一大イベントです。額が額なだけにローンを組んでいる人が大半です。しかし夢のマイホームから様々な理由で明けなければならなくなった場合、ローンはどうなるでしょう。勿論住んでなくても払い続けなければなりません。急な転勤や海外へ出向といった、後に戻ってくる事になる一時的な事ならばと、家を活用しないのは勿体ないとリロケーションを選択する人が増えています。リロケーションは家を一定期間限定で貸す事です。それにより入居者から家賃を回収できローンの支払いができるといったシステムです。勿論賃貸期間が終われば自分の家として住む事が可能です。代わりに住んでもらい不審者侵入予防や人が居ることで家が傷みにくくなります。ただし入居者は借りる人なので、退去の際の現状回復費用等は、はっきりとしておく必要はあります。

頼めるサービス

リロケーションを利用しなくても自分で管理できるなら、業者に委託する費用を抑える事ができます。しかし海外赴任等で遠隔地だったら物件管理や契約はどうなるでしょう。負担が大きいというどころではなく不可能です。リロケーション会社はその不可能を代わりに行うサービスです。リロケーション会社には不動産会社が多いです。不動産に関する事はプロに任せた方がトラブルの可能性も少なくなります。リロケーション会社に委託するという事は、その家を会社が借り上げた形になります。その為、ほとんどは家賃保証が付きます。つまり入居者がまだ居なくても、契約した時から契約した家賃が家主に入る形になります。入居者の募集や契約、物件管理や退去の対応まで、遠隔地に居ても安心して我が家を活用してくれます。